意外に知らない!結婚式でのNGへアー3つ

ダウンスタイルには要注意

長い髪の毛を下ろしたままのスタイルは、近年では人気が高くなってきていますが、結婚式ではだらしない印象を与えてしまいますのでNGな髪型となります。もしダウンスタイルで綺麗にして結婚式に参加したい場合には、髪の毛にしっかりと艶を出して、髪をまとめてスタイルをした事が分かるようにしましょう。結婚式には、華やかなスタイルが基本的なマナーになりますので、出来るだけアップにするか髪を巻いたりするようにしましょう。

あくまでも主役は花嫁は忘れない事

結婚式でテンションが上がり、いつもより気合いを入れたくなるのは分かりますが、中には自分が主役と思っている方もいるようです。そんな方は、露出度の高いドレスや派手な髪型をしている人が多い傾向にあります。しかし座っているだけでも、目だってしまいますので、主役の花嫁に失礼にあたります。華麗なスタイルにしても、決して派手にはならにようにしてください。常に、結婚式では花嫁が主役という事は頭に入れておきましょう。

花嫁とは被らない髪型にしよう

花嫁の髪型は、結婚式の当日にならないと分からないものです。しかし、たまに花嫁の髪型と被ってしまったという人もいるようです。こういった事が起きてしまうと、大変気まずい空気が流れる事になりますので注意が必要です。出来るだけ避けるためにも、ウェディングのヘアスタイルは避けるようにしましょう。また被ってしまいやすそうな物は、どれだけ気に入っても避けておき、無難な髪型を選ぶようにするのが、マナーとなります。

白金の結婚式場は交通アクセスが良く、駅からも近いところが多いため、遠方からでも参加しやすくなっています。