2人らしい結婚式を提案!ウエディングコーディネーターの仕事

新郎新婦を全力でサポート!

人生の節目ともいえる結婚式を成功させるために、新郎新婦を全力でサポートするのがウエディングコーディネーターという仕事なんですよね。結婚式場にはウエディングプランナーとウエディングコーディネーターがいるんですが、ウエディングプランナーは結婚式のプランを提示し、ウエディングコーディネーターは挙式を決めたカップルをカウンセリングして、結婚式のスタイルやテーマを決めて当日までお手伝いをするということなんですね。

ウエディングコーディネーターに大切なこととは?

ウエディングコーディネーターが仕事をするときには、「おめでとうございます」などのあいさつを大事にしていますし、また、接客業なので敬語も正しく使うように気をつかっているということなんですよ。ウエディングコーディネーターという仕事につくためには、いろいろな分野のものを見て、自分のセンスを磨いておくことが必要だということなんですよね。自分の中の引き出しが多いと、新郎新婦の希望を生かした2人らしい結婚式の提案ができるそうなんですよ。

人の幸せを応援する仕事!

ウエディングコーディネーターになるためには、自分のセンスを磨いて自分の中の引き出しを増やすことが大切なんですが、たとえば、釣り好きの新郎が、釣り竿を持って入場して喜ばれたこともあったそうなんですよ。ウエディングコーディネーターを目指すなら、人の幸せを応援する仕事なので、結婚式を終えて、新郎新婦はもちろん、参列したゲストの皆さんにも「楽しかった」と言ってもらえるために、物事をやり抜く責任を持ち、感性を豊かにするよういろんなことに興味を持つとよいでしょう。

博多の結婚式場では、感動的な結婚式を演出するために役立つ設備が揃っているため、多くの人気を集めています。